歯周病の治療なら千葉市の高橋デンタルオフィスへ
HOME>歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは
歯周病は細菌感染症であり、生活習慣病でもあります。ある年齢になると発症する成人病とは違います。大別すると、炎症がどこまで及んでいるかによって歯肉炎歯周炎に分かれます。炎症が歯茎に限局するものが歯肉炎で、顎の骨にまで達してしまったものを歯周炎といい、俗にいう歯槽膿漏は歯周炎のことをいいます。今も昔も、抜歯原因第一位の疾患です。
また、自覚症状がないまま進行する怖い病気でもあります。30歳以上の約80%の国民が罹患する非常に患者人口の多い疾患です。まさに国民病といえるでしょう。
歯周組織

歯周組織は4つの組織からなります。

 

  • 歯肉
  • 歯槽骨
  • セメント質
  • 歯根膜

 

歯を顎骨内にしっかりと支えています。したがって歯周組織のことを歯牙支持組織ともいわれています。

歯周病 歯周病
歯周ポケット
歯と歯茎の境目(歯肉溝)の底が正常な位置から歯根の先端方向に深く移行し、歯肉溝が深くなったものです。
歯周ポケットの深さ(数値)を測定することは歯周疾患の抜歯の適応や手術法の選択の基準にもなる非常に大切な検査です。
歯垢(プラーク)
歯茎より上の歯面や歯茎に隠れている歯根の表面に付着、増殖する細菌がつくりだした軟らかな構造物をいいます。歯垢1mg中には1億の細菌がいるといわれています。
粘着性が非常に強く、うがいをした程度では除去できません。
歯石
歯垢(プラーク)がお口のなかの唾液のカルシウムイオンにより石灰化したもので、ブラッシングで除去することはできません。一度除去した歯石が再付着するのに4ヶ月もあれば十分のようです。
問い合わせ