歯周病の治療なら千葉市の高橋デンタルオフィスへ
HOME>外科治療の必要性

外科治療の必要性

歯周病のダメージレベル
歯周病

歯周病といっても、軽度の歯肉炎から重度の歯周炎まで、そのダメージレベルは様々です。よく、多くの方が歯磨きと歯石を取るだけで歯周病が完治すると思っていらっしゃるようですが、現実にはそうはいきません。それだけで治るのは軽度の歯肉炎だけなのです。
歯石といっても目に見える部分に付いている歯石(縁上歯石)と、歯茎の中に埋まって目に見えない歯石(縁下歯石)があるのです。一般的に歯科医院で歯石を取ってもらうというのは、無麻酔で行える縁上歯石のことを指すのです。歯周病で問題となるのはむしろ縁下歯石のほうで、これは麻酔をしなければ痛くて取ることもできませんし、完全に除去するには相当トレーニングと経験を積んだ歯科衛生士でなければ不可能とまでいわれています。


オーダーメイドな治療プランの必要性
歯周病

また仮にすべての件がクリアーになったとしても、目に見えない部分へのアプローチにはおのずと限界があることも事実です。そうすると、重症であればある程、完璧に直視下で病変を除去、廓清することが必要となるのです。
その問題を解決するには歯周外科治療しかないのです。

歯周外科といってもその方のダメージレベルと処置の目的等によって様々な術式が存在します。それを適切に選択しなくてはならず、まさにオーダーメイドな治療プランが必要なのです。すなわち歯周病の治療はその方の病態によって治療メニューが決まるという事です。


問い合わせ