歯周病の治療なら千葉市の高橋デンタルオフィスへ
HOME>再生療法

再生療法

あきらめていませんか?歯が残せる可能性 !
歯周病

従来の治療法は、ポケットを減少させることでした。しかし歯の支持組織が回復したわけではありません。従来の治療法では歯肉の位置が低くなり、歯が従来より多く露出する場合があります。
歯周治療の最終目標は病気の進行を止め、元の健全な状態に組織を回復させることです。1980年代の初頭に、歯を救う新しい治療方法の研究がスタートしました。その結果、歯周病の全く新しい治療方法として、歯の周りに必要な組織を再生させて、歯の支持構造をできるかぎり元の状態に戻すという再生法が確立され、1990年代になってから世界中で広く応用されるようになりました。
ここでは、再生療法の代表的なGTRメンブレン、エムドゲインゲルによる治療法をご紹介いたします。

ゴアテックスGTRメンブレン

従来の歯周外科の手術とほぼ同様な処置が必要になりますが、GTR法には1つ重要な違いがあります。それは手術によりプラークや歯石を除去した後にメンブレンを歯肉の下に一定期間置くことです。
その後、ある期間を経過してメンブレンを取り除きます。すると歯は新しく再生した組織で覆われています。

エムドゲインゲル
エムドゲインは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。
エムドゲインの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子どものころ、歯が生えてくるときに重要な働きをするたんぱく質の一種です。歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。
こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。


術前
深い歯周ポケット、
セメント質と歯根膜、
歯槽骨の欠損
再生治療
1:局所麻酔
再生治療
2:切開
再生治療

5:必要に応じてエッチング処理
(リン酸、クエン酸など)
再生治療
4:歯根面の徹底清掃
(肉芽組織の除去、スケーリング、ルートプレーニングなど)
再生治療
3:軟部組織の剥離
再生治療  

6:清掃した歯根面の
エムドゲインゲル溶液の塗布
再生治療
7:縫合
再生治療
術後
クリニカルアタッチメト
と新生骨の獲得
問い合わせ