千葉市の高橋デンタルオフィス
HOME>再生療法

| 再生療法 |

エムドゲインゲル
エムドゲインは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。
エムドゲインの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子どものころ、歯が生えてくるときに重要な働きをするたんぱく質の一種です。歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。
こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。


術前
深い歯周ポケット、
セメント質と歯根膜、
歯槽骨の欠損
再生治療
1:局所麻酔
再生治療
2:切開
再生治療

5:必要に応じてエッチング処理
(リン酸、クエン酸など)
再生治療
4:歯根面の徹底清掃
(肉芽組織の除去、スケーリング、ルートプレーニングなど)
再生治療
3:軟部組織の剥離
再生治療  

6:清掃した歯根面の
エムドゲインゲル溶液の塗布
再生治療
7:縫合
再生治療
術後
クリニカルアタッチメト
と新生骨の獲得
問い合わせ