歯周病の治療なら千葉市の高橋デンタルオフィスへ
HOME>インプラント治療

インプラント治療

歯周病とインプラント治療
インプラント治療

現在は、再生療法の進歩により、抜歯をせずに歯を保存することが可能になりました。しかし、それには限界もあり、適応症があるのも事実です。

私どもも、できれば患者さんの歯を抜かずに治したいのですが、歯を残すことにこだわるあまり、大切な顎の骨を大きく失ってしまい、その後の治療に支障をきたしてしまうことが多くの患者さんで見受けられます。
そうなってしまうと顎の骨の再生手術をしなければならず、多くの時間と治療費用が必要となってしまいます。


では、そのような場合どうすればよいのでしょうか? それは、ある程度まで進行してしまった歯周病の場合は、歯にこだわるのではなく今ある顎の骨をできるだけ保存することに努め、歯の代わりにインプラントによる咬み合わせの回復を図ることが現時点でのベストな選択と考えます。骨の代わりは骨を造るしかないのですから。
インプラントは我が国に導入されて20年あまりが経ちます。
ここ最近の10年間は、インプラントが骨に結合するかというレベルではなく、自分の歯と同じ自然な見た目と噛み心地という次のステージへランクアップした時代といえます。ですから、我われ歯科医師も患者さんも、安心してインプラント治療を選択してもいいのではないでしょうか。


インプラントは条件さえ整えば95%の成功率を誇る治療法なのです。現時点での究極の再生療法は、インプラント治療といえるでしょう。

パーフェクトインプラントガイド
問い合わせ